余裕のダイエッター、美味しいものを少しだけ♪ Almost Daily Miyupika

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

格安ツアーはつらいよ

15.6月23日
旅行会社から回答。
格安ツアー60,490円
金山ビーチでの皆既日食観測オプション7,700円
合わせて68,190円!!
これなら、お昼代節約して今年の夏のバーゲン不参加なら
何とか行ける値段!
残席1とせかされたこともあり、お申し込み~♪

6月25日
パスポートが切れていたので
あわてて戸籍抄本をとって、パスポート申請。
お給料日だったので、ばっちり旅行会社に入金。

ここまでは順調だったんです。
やっと見に行けると安堵していたんです。しかーーーーーし!!!

16.6月26日
旅行会社から
「皆既日食オプショナルツアーは2名以上の参加なので1名では受付できません。
オプショナルツアー代は返金します。」と連絡。
なんで?どうして?
最初から1名参加ってわかってるのに、どうしてそんなチョンボすんの?
他のツアー探す努力はしてくれないの???

あわてて旅行会社に電話するも、なかなか電話に出ません。
旦那は「詐欺だ!!解約しろ!!!」というものの、
もう出発まで一ヶ月切ってますから、キャンセル料発生します。
最初の話しからして旅行会社に落ち度が合ったことは間違いないので
消費者協会なりに申し出れば何とかなりそうですが
怒りに任せてフォースの暗黒面に落ちてる暇があったら
確実に見に行けることに手を尽くしたい!
やっと電話に出た担当者に
「日食のためにツアー申し込んだんですよ。
そちらで取ってくれないなら自分で取るから、とにかく泊まるホテル名を教えて。」
と言って、電話を切りました。
格安の悲しさよ、申し込み時に、旅行日直前までホテル名はわからないといわれたのですが
さすがにむこうもまずいと思ったのでしょう、教えてくれました。
(ですから、直前で変更の可能性もあるかもしれません)

実はこのオプショナルツアーで行くはずだった金山ビーチ
板張りのビーチデッキで、
天文ガイドには「7月の直射日光は尋常でなく強烈で」
とありましたし、ツアーの説明書きには
「観測場所から歩いて5分のところに日陰がありますが」とありました。
撮影機材放り出して歩いて5分のところには行けないよな~、と
熱さ対策に一抹の不安がでてきました。

おまけに、タイの王女がここに皆既日食を見に来るので
施設の使用に制限が出てくる不安も出てきました。
(志賀高原スキー場で、カメラが趣味のお父さんが一生懸命子供の滑る姿を撮ってたら
たまたま運悪く東宮と鉢合わせちゃって、ひどい目にあったって話しを読んだことがあるので
なんとなく、そういう方々とは居合わせたくないな~とか思ったりして)

なので、「金山ビーチ以外の観測地が申し込めるわ。」といいように解釈して
色々検索して嘉興市のホテルの敷地内で観測できるツアーを見つけました。
(体調崩して仕事休んでてよかった~。)
冷房完備の休憩場所もあるし、ランチもホテルでいただけて
おまけに皆既日食記念Tシャツが付いてきます。

あとの問題は
1.自分が泊まってるホテルから集合場所までタクシーでうまく行けるか。
 泊まるホテル、英語も日本語も通じないらしいのです。
 筆談グッズを用意して、なんとか朝のタクシーを予約しないと。
 集合時間は5:00です
2.集合場所から観測地まで渋滞がどのくらいで、皆既時間までに到着するか。
 上海の渋滞って、ものすごいと聞いています。
 そして
3.晴れるか
 これに尽きます^^;

テーマ:日食・月食 - ジャンル:写真

Travel | コメント:6 | トラックバック:0 |

喜界島は遠かった

鹿児島-喜界島のフェリーチケットを
朝の9時から、旦那と2人がかりの
家電、旦那の携帯、私の携帯・PHSの4本体制で挑みましたが
撃沈。
昼までは真剣に電話し
その後はあきらめたものの、気づいたタイミングで17時まで電話しましたが
まったく通じることはありませんでした。

どうでしょう班がリアカーで一周した島を私も歩いてみたかったよう
毛布をかりた喜界島第一ホテルも見たかったよう

せめてホームページ上に満席情報を載せて欲しかったなあ。

これで私が建てたプラン
6.鹿児島格安ツアー+喜界島フェリー日帰り(往復とも船中泊)
がだめになりました(T_T)

あとはプリンセスわかさでの洋上皆既日食観測の返事待ちと、
日産の懸賞の結果待ちです。

テーマ:日食・月食 - ジャンル:写真

Travel | コメント:0 | トラックバック:0 |

串かつヘヴン 大阪新世界元祖串かつだるま

親友が懸賞で当てた大阪行きの旅行で
彼女の異常なまでの強力なプッシュにより
串かつを食べることとなりました。
道頓堀のお茶やさんの若い女子店員さんにお勧めの店を聞き出し
わざわざ新世界まで繰り出しました。

我が家ではスーパーの総菜でしか串かつを食べたことがなく
私にとってはどちらかというとハズレおかずだったので気乗りしなかったのですが、
彼女の勢いに負けてしぶしぶついて行きました。
「お昼済ましたし私二、三本しか食べないよ」なんて言いながら。
通天閣のふもと、一種異様な雰囲気の町並みを進むとお店発見。
大阪新世界元祖串かつだるま ジャンジャン店
縺<div class=

テーマ:関西の美味しいお店 - ジャンル:グルメ

Travel | コメント:0 | トラックバック:0 |

へっぽこ富士登山記III さあ、出発だぁ!!

五合目の駐車場で最終的な荷物チェックをするつもりだったのですが
灯りがありません。
登山用のヘッドライトを装着しながら着替えました。
同時に外人さんの二人組みも支度中。
やっぱり他の人のブログにも書いてあったように、半そで短パンだあ!!
散々悩んだのですが、思い通りに使えないし重さに耐えきれない可能性が強いので
一眼レフは泣く泣く車に隠し置いていくことにしました。
フル装備を初めて担ぎ
駐車場から売店・化粧室のあるところまで階段で登りながら
「やっぱり、でかいカメラ置いてきてよかった~。」と実感。
も一度灯りのあるところで再チェックし
CIMG2994_convert_20080824232618.jpg
Let's go!!!!!
おもーい。
CIMG3015_convert_20080824233651.jpg登山道入ってすぐは、なぜか下り坂。
他の登山客に「登山道はこれであってますか?」と聞かれて、
一瞬悩みましたが
そういえば本に「最初は少し下ります。」
って書いてあったのを思い出し
その旨伝えると、安心して行ってしまいました。
ペース速いなあ。若いなあ。






DSCN0329_convert_20080824235323.jpg左手に河口湖方面の夜景が
きれいなんですが、
この時点でザックから三脚取り出して
撮る元気は既にありません。
なもんで手ぶれまくり。
平均所要時間の2倍くらいかけながら
ゆっくりゆっくり登っています。
六合目までしか来ていないにもかかわらず
山頂ご来光に間に合うかかなり怪しくなってきました。



9合目あたりの山小屋の明かりがとーーーくに見えます。
DSCN0346_convert_20080825000422.jpg

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

Travel | コメント:2 | トラックバック:0 |

へっぽこ富士登山記II うちから5合目まで

夜登山に備え、うちを16:30に出発。
ウィンドブレーカーが見つけられず、
ファッションセンターしまむらに寄るも、売ってなーい(T_T)
装備にも不安があり、ドラッグストアやらホームセンターに寄り道。

やっとのことで高速に乗り一路河口湖方面へ。
大月ジャンクションから河口湖線に入りしばらくすると、
ババーンと富士山が見えるはずなのですが…。
暮れ始めたのと霞んでるのでよく見えないうえ、
一眼レフの操作に慣れず、ようやっと収められたのがこれ。
DSC_0008_convert_20080824182030.jpg

平日のせいか夏休みとは思えない道路の混み具合。
途中からはほぼ貸しきり状態の快適ドライブ。あっという間18:49に河口湖に到着。
夕飯は、あまりお店を探している時間がないので、
道路わきの看板に従い洋食レストランポワルに決めました。
とてもおいしくてボリュームの有るハンバーグがいただけたのですが
ここは、登山後に寄るべきでした。
登山前は、消化のいいおにぎりみたいなものがよくて
お肉とか、ガッチリしたものは消化に体力使っちゃうんで
登山前には不向きだったそう。あちゃあ。

翌朝のおにぎりを仕入れるのにコンビニに寄ろうと思ったのですが、うまく探せなくて
河口湖ショッピングセンター ベル(ダイエー)に入っちゃいました。
目的のおにぎりは品切れで、代わりにパンを仕入れ、
ここでウィンドブレーカーが手に入りました。
地元で寄り道せずに、真っ直ぐこっちに来ればよかった。

これで装備も万端。
富士スバルラインから五合目に向かいます。
ここもほとんど貸切。快適なドライブのはずが
ところどころセンターより内側にカラーコーンが立っていて危ないの。
慎重に走ってない人が多いらしく、バキバキに割れてるのがちらほら。
もー!!
それに写真うまく撮れなーい(T_T)
DSC_0009_convert_20080824182210.jpg


夏の登山シーズンは、五合目の駐車場から車があふれ、
かなり下から路肩に停めていて、えっちらおっちら五合目まで歩くと聞いたのですが
平日効果でしょうか、ばっちり正規の駐車場に入れられました。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

Travel | コメント:1 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。