余裕のダイエッター、美味しいものを少しだけ♪ Almost Daily Miyupika

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

72歳の体力はいかほど?

干し芋のおじちゃんが実家に来るというので、私も休みをとりました。

父が定年を迎えたとき、私の両親、おじちゃん夫婦、母の妹というメンツで
お疲れ様北海道大旅行を敢行しました。
大洗からフェリーに乗り、10日間ほどかけて道央・道東を回るスケールの大きな自動車旅行。
主な目的はみんなの故郷の留萌・鬼鹿訪問。
故郷が微塵も昔の面影を残していない様子に、みんながっかりしてしまいましたが、
旅自体は充実していてすばらしいものだったそうです。
私も弟と二人で、飛行機でちょこっとだけ合流しました。
その年は記録的な猛暑だったにもかかわらず、層雲峡の老舗ホテルには冷房設備がなく
みんな納豆のようになって眠りました。暑かった~。

あれから10年、今度はおじちゃんが定年を迎えたので、再びお疲れ様北海道大旅行。
今度は、もう見ると辛い故郷はルートに入れず、
旭山動物園・サロマ湖・網走・洞爺などを満喫するコース。
今日は、その予定をつめるためにおじちゃんはやってきたのです。

自分もすきあらばどこかに出没してやろうと思いましたが、
なかなか合流できそうなポイントがありません。
できそうなのは、初日の旭山動物園あたりか、最終日の洞爺湖。
往復航空券と宿がセットになったツアーを調べてみたのですが
どちらも土日祝にかかるので、高っ。今回は無理かな?

ご来光をいいカメラで撮りたいという欲望は強いのですが、
あんな赤井さんもみちゃったことですし
父に「やっぱり一眼レフ持って登れそうもないかも。」というと
「大丈夫だろ。夜登るんだから涼しいし混んでないし、
足を動かしてりゃ頂上に着くんだよ。最高だよ。」
と強気なお言葉。なんか大丈夫な気にもなりそうですが、
四国四十四箇所をすべて歩いて制覇し、
年末は日本橋から横浜までの歩きを恒例行事にしている男のせりふ、
あてにはできません。
結論は、当日まで先送りにしました。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

Travel | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<へっぽこ富士登山記I  前日 | HOME | ロッキー・グロッキー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。