余裕のダイエッター、美味しいものを少しだけ♪ Almost Daily Miyupika

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

待ってて富士山

CIMG2114_convert_20080803112715.jpg
長崎行きの飛行機の窓から見た富士山


どういう風の吹き回しか、旦那が「この夏、富士山登らない?」 とびっくり発言!

私は大学時代にサークルのツアーで8合目まで登って挫折、
その後友人と入社直後に10合目まで登りました。

旦那は会社の研修で、7合目まで登ってタイムアップ。
そもそもいやいやで、登る気0だったとか。

なので我が家では私が富士山を制した者として威張っていたのですが、
今回一緒に登っちゃったらそれができなくなってしまいます。
いや、そもそも登りきれるのでしょうか、今の私?

前回の登山は現役・一浪・二浪トリオで登り、もちろん二浪が足を引っ張りました。
今回は一浪・二浪コンビ。もし挫折するならやはり二浪が原因のはずです。

二浪の私はちょっと迷いましたが、
あの大好きなKeith Emersonのアメリカツアーだって誘ってもこなかった旅行嫌いの旦那が、
せっかく来日したRick Wakemanも観にいかなかった出不精の旦那が、
こともあろうに富士登山を提案するなんて!!
こんな貴重な機会を逃すわけには行きません。
昔から『富士山登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿』と申しまして。
私は二度登った馬鹿なので、三度登って馬鹿をリセットするため、
体力にかなりの不安を抱えつつも、計画を立てることにしました。

オフィスは8階にあるので、エレベーターから階段に切り替えて足腰を鍛えることに。
その途端、部署が移動になり5階になっちゃいました^^;程々にしろってことでしょうか?

前回は必要以上に苦労したように思えます。10合目まで登りきれたものの、
ご来光を拝める時間に起床できず、
お鉢周りをする余裕もありませんでした。
その原因は

1.お盆の渋滞を甘く見て、登り始めの時間が遅くなった。

3人がそろって休めたのがお盆だけだったので不本意ながらこの時期に実行することに。
新宿から五合目まで高速バスで行ったのですが、
通常ですと二時間半くらいで行くところ、殺人的な渋滞に巻き込まれ、
五合目についたときには9時に新宿を出たにもかかわらず、すでに16時頃になっていました。

2.泊まる山小屋まで一目散に走った。

その日の最後の力を振り絞り、できるだけ高い位置に有る山小屋を目指し、
焦って走ってしまいました。
明かりは見えるのになかなかたどり着かず、苦しかった~。
馬鹿丸出しです。自殺行為です。おかげで高山病になりかかりました。


3.山小屋はホテルではなかった。

噂には色々聞いていたので、ある程度覚悟はしていましたが
凄まじいところですね、山小屋って。
goodsleep_convert_20080803110555_convert_20080803111021.jpg          badsleep_convert_20080803110625_convert_20080803111144.jpg
普通の寝姿                         山小屋での寝姿
私はじゃんけんに勝ったおかげで、白い小さなリモコンの位置で寝られましたが
友人二人は、反対側には見知らぬ人がほぼ密着。
これは、心底山が好きでないと耐えられません^^;

4. 富士山をなめて装備がイマイチだった。

軽くナップザックなんぞで登ったのですが、紐が肩に食い込んで地獄を見ました。
靴も割りと履き古したスポーツシューズだったので
須走口を降り切った頃には、つま先がしゃべるようになっていました。

そんなわけで、今回はきちんとしたリュックにしなきゃと思ったのですが、
たった一度きりの登山のために、道具にお金をかけるわけにはいきません。
定年後車を買って母をドライブに連れて行くという約束を反故にし、
自分ひとりだけ登山にはまり、母から静かなブーイングを食らっている父から借りることに。
リュックだけ借りるつもりだったのですが、物置から大量に色々出してくれました。

「ひょっとしてこの夫婦はこれから本格的に登山を始めるのではなかろうか?
そして俺の仲間になるのではなかろうか?
そして登山口までの確実な足(車)が確保できたのではなかろうか?」
という期待に満ちた、少年のようなキラキラした瞳で、あらゆる登山グッズを貸してくれましたが、
お父さんごめんなさい。決してそんなことはありません。
後にも先にもうちら夫婦の登山はこれだけだと思います。

リュック2つ、ゴアテックスのレインスーツ1つ、
杖1つ、スパッツ1つ、リュックカバー2つを貸してくれました。

父に夜間登ることを告げてなかったので、ヘッドライトを借り損ねたため購入。
あとはしょぼいレインスーツ1つ、杖1つ、
酸素缶2つ、二人して普段全く被ることのない帽子2つ、旦那は靴を購入。
身支度に出費0とはいきませんでした。

27日(日)夜9時ころ五合目に到着し、夜間登り山頂でご来光を拝み下山、
河口湖付近で一泊し29日(火)に帰宅予定でした…
が、
お義父さんが帯状疱疹になっちゃいまして、
薬の副作用が怖いので一人にするわけにはいかず、延期と相成りました。

マイカー規制や気候、仕事のこともあるので、行ける日は限られます。
再度検討し、8月7日~9日に予定変更です。
たかだか10日ずれただけで、宿代が1万円も高くなりましたよ^^;
でも、思いがけず温泉付になったのでよしとします♪
Travel | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ロッキー・グロッキー | HOME | KORG DS-10>>

この記事のコメント

すごーいー!
自分の足で富士山頂に登ろうだなんて…
しかもみゆぴかさんはすでに一度制覇しているんですね!尊敬~~。
私なんか中学のころ、遠足?林間学校?かなにかで7合目から2時間くらい登山コースを歩いたことがあるだけです。
登山の無事を祈願しております。
富士山頂からの素敵な写真を期待していますね♪
2008-08-05 Tue 13:55 | URL | らーむう #-[ 編集]
みゆぴかさんも自分を追いつめるのが好きなのか…(何の話だよw)
一時期、会社のワンゲルに入っていたので、そのとき登ったんですけど、
私も完全に舐めてかかっててえらい目に会いましたよ。
自然と共存するのって難しいんだなと痛感した出来事でした。
山小屋はね…物置みたいなものですからね。普通の女性には耐え難いと思います。

追伸
7月22日の日記はみゆぴかさんの一言からデジ劇してみましたw
2008-08-05 Tue 14:31 | URL | カラクリ #-[ 編集]
登るんすか、富士山に!

山小屋での寝姿(リモコン代理)に、爆笑……いや、そんな格好で寝なければならなかったことではなく、その説明のしかたに爆笑であります。

体に気をつけて、頑張って来て下さいね!
きっと、登りきったら感動の嵐でしょう!
2008-08-06 Wed 07:33 | URL | ぱにぽに #-[ 編集]
ありがとうございます。
お返事は帰ってきてからいたします。
行ってきまーす
2008-08-07 Thu 15:45 | URL | みゆぴか #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。