余裕のダイエッター、美味しいものを少しだけ♪ Almost Daily Miyupika

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

KEITH EMERSON BAND EUROPEAN TOUR 2008

8月22日(金) TALLINN, ESTONIA
8月23日(土) RIGA, LATVIA
8月26日(火) MOSCOW, RUSSIA
8月30日(土) KAZAN, RUSSIA
9月2日(火) ST. PETERSBURG, RUSSIA
9月7日(日) PLOVDIV, BULGARIA

明日からKeith Emerson Bandのヨーロッパツアーが始まります♪

DSC_0006_convert_20080821230046.jpg旦那はamazon、私はHMV実店舗で一人一枚づつゲット!
スポンサーサイト

テーマ:PROGRESSIVE ROCK - ジャンル:音楽

Progressive Rock | コメント:0 | トラックバック:0 |

Keith Emerson Band Featuring Marc Bonilla

070618 146_convert_20080821001906

待ってました。長かった。
そして、そのどでかい期待にガッチリこたえてくれた会心の作。
再結成EL&Pのように産業ロックに呪われることなく、プログレしていてかっこよい♪
うー、文章に出来ません。
是非お聴きください。
ライブが益々楽しみになりました。

テーマ:PROGRESSIVE ROCK - ジャンル:音楽

Progressive Rock | コメント:1 | トラックバック:0 |

8.3合目のご来光

20080808214457
間に合いませんでした(/_;)

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

へっぽこ富士登山記III さあ、出発だぁ!!

五合目の駐車場で最終的な荷物チェックをするつもりだったのですが
灯りがありません。
登山用のヘッドライトを装着しながら着替えました。
同時に外人さんの二人組みも支度中。
やっぱり他の人のブログにも書いてあったように、半そで短パンだあ!!
散々悩んだのですが、思い通りに使えないし重さに耐えきれない可能性が強いので
一眼レフは泣く泣く車に隠し置いていくことにしました。
フル装備を初めて担ぎ
駐車場から売店・化粧室のあるところまで階段で登りながら
「やっぱり、でかいカメラ置いてきてよかった~。」と実感。
も一度灯りのあるところで再チェックし
CIMG2994_convert_20080824232618.jpg
Let's go!!!!!
おもーい。
CIMG3015_convert_20080824233651.jpg登山道入ってすぐは、なぜか下り坂。
他の登山客に「登山道はこれであってますか?」と聞かれて、
一瞬悩みましたが
そういえば本に「最初は少し下ります。」
って書いてあったのを思い出し
その旨伝えると、安心して行ってしまいました。
ペース速いなあ。若いなあ。






DSCN0329_convert_20080824235323.jpg左手に河口湖方面の夜景が
きれいなんですが、
この時点でザックから三脚取り出して
撮る元気は既にありません。
なもんで手ぶれまくり。
平均所要時間の2倍くらいかけながら
ゆっくりゆっくり登っています。
六合目までしか来ていないにもかかわらず
山頂ご来光に間に合うかかなり怪しくなってきました。



9合目あたりの山小屋の明かりがとーーーくに見えます。
DSCN0346_convert_20080825000422.jpg

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

Travel | コメント:2 | トラックバック:0 |

へっぽこ富士登山記II うちから5合目まで

夜登山に備え、うちを16:30に出発。
ウィンドブレーカーが見つけられず、
ファッションセンターしまむらに寄るも、売ってなーい(T_T)
装備にも不安があり、ドラッグストアやらホームセンターに寄り道。

やっとのことで高速に乗り一路河口湖方面へ。
大月ジャンクションから河口湖線に入りしばらくすると、
ババーンと富士山が見えるはずなのですが…。
暮れ始めたのと霞んでるのでよく見えないうえ、
一眼レフの操作に慣れず、ようやっと収められたのがこれ。
DSC_0008_convert_20080824182030.jpg

平日のせいか夏休みとは思えない道路の混み具合。
途中からはほぼ貸しきり状態の快適ドライブ。あっという間18:49に河口湖に到着。
夕飯は、あまりお店を探している時間がないので、
道路わきの看板に従い洋食レストランポワルに決めました。
とてもおいしくてボリュームの有るハンバーグがいただけたのですが
ここは、登山後に寄るべきでした。
登山前は、消化のいいおにぎりみたいなものがよくて
お肉とか、ガッチリしたものは消化に体力使っちゃうんで
登山前には不向きだったそう。あちゃあ。

翌朝のおにぎりを仕入れるのにコンビニに寄ろうと思ったのですが、うまく探せなくて
河口湖ショッピングセンター ベル(ダイエー)に入っちゃいました。
目的のおにぎりは品切れで、代わりにパンを仕入れ、
ここでウィンドブレーカーが手に入りました。
地元で寄り道せずに、真っ直ぐこっちに来ればよかった。

これで装備も万端。
富士スバルラインから五合目に向かいます。
ここもほとんど貸切。快適なドライブのはずが
ところどころセンターより内側にカラーコーンが立っていて危ないの。
慎重に走ってない人が多いらしく、バキバキに割れてるのがちらほら。
もー!!
それに写真うまく撮れなーい(T_T)
DSC_0009_convert_20080824182210.jpg


夏の登山シーズンは、五合目の駐車場から車があふれ、
かなり下から路肩に停めていて、えっちらおっちら五合目まで歩くと聞いたのですが
平日効果でしょうか、ばっちり正規の駐車場に入れられました。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

Travel | コメント:1 | トラックバック:0 |

へっぽこ富士登山記I  前日

楽しみと不安が入り混じり、仕事中もずっと富士山のことばかり考えていました。
山と渓谷社の『富士山ブック2008』を前日に買う阿呆なわたし。
帰りの電車で熟読していたら
CW-X エキスパートモデル ロング HXY109 (レディース) SPCW-X エキスパートモデル ロング HXY109 (レディース) SP



商品詳細を見る
の広告記事。
『ひざ関節を守り動きを安定。ふともも前後、ふくらはぎの筋肉をサポート。
運動時の筋肉疲労を軽減する。』とあるじゃないですか!!
足や膝にすごい不安があったので、これまた衝動買い。
結局装備品にいくらかけちゃった?
こんな間際の買い物にお店の人も、
「今晩寝るまで履いて慣らしてくださいね。」と心配そう。
荷造りもとにかく闇雲に色々突っ込み過ぎ。
こんなんでいいんだろうか?

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

Travel | コメント:0 | トラックバック:0 |

72歳の体力はいかほど?

干し芋のおじちゃんが実家に来るというので、私も休みをとりました。

父が定年を迎えたとき、私の両親、おじちゃん夫婦、母の妹というメンツで
お疲れ様北海道大旅行を敢行しました。
大洗からフェリーに乗り、10日間ほどかけて道央・道東を回るスケールの大きな自動車旅行。
主な目的はみんなの故郷の留萌・鬼鹿訪問。
故郷が微塵も昔の面影を残していない様子に、みんながっかりしてしまいましたが、
旅自体は充実していてすばらしいものだったそうです。
私も弟と二人で、飛行機でちょこっとだけ合流しました。
その年は記録的な猛暑だったにもかかわらず、層雲峡の老舗ホテルには冷房設備がなく
みんな納豆のようになって眠りました。暑かった~。

あれから10年、今度はおじちゃんが定年を迎えたので、再びお疲れ様北海道大旅行。
今度は、もう見ると辛い故郷はルートに入れず、
旭山動物園・サロマ湖・網走・洞爺などを満喫するコース。
今日は、その予定をつめるためにおじちゃんはやってきたのです。

自分もすきあらばどこかに出没してやろうと思いましたが、
なかなか合流できそうなポイントがありません。
できそうなのは、初日の旭山動物園あたりか、最終日の洞爺湖。
往復航空券と宿がセットになったツアーを調べてみたのですが
どちらも土日祝にかかるので、高っ。今回は無理かな?

ご来光をいいカメラで撮りたいという欲望は強いのですが、
あんな赤井さんもみちゃったことですし
父に「やっぱり一眼レフ持って登れそうもないかも。」というと
「大丈夫だろ。夜登るんだから涼しいし混んでないし、
足を動かしてりゃ頂上に着くんだよ。最高だよ。」
と強気なお言葉。なんか大丈夫な気にもなりそうですが、
四国四十四箇所をすべて歩いて制覇し、
年末は日本橋から横浜までの歩きを恒例行事にしている男のせりふ、
あてにはできません。
結論は、当日まで先送りにしました。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

Travel | コメント:0 | トラックバック:0 |

ロッキー・グロッキー

赤井英和さんが、番組中でご家族と富士山にチャレンジしていました。
途中から見たのですが、赤井さんヘロヘロです。
難波のロッキーがあんなにグロッキーになっちゃうんだもの、
多摩のオタ主婦なんてひとたまりもないよなあ~、と少々不安になりました。
父から借りた一眼レフを担いで登るつもりでしたが、やっぱやめよっかな?

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

Travel | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。