余裕のダイエッター、美味しいものを少しだけ♪ Almost Daily Miyupika

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

カウントダウンHigh Voltage Festival

High Voltage Festivalまであと1ヶ月。ひゃー、あっという間だったわぁ。

当初はライブだけ観に行く弾丸ツアーの予定でしたが、
私の勤めてる会社のシステムが変わり、7月最終週が強制的に休みになってしまうので、
慌てて帰ってきてもしょうがない。
それに飛行機がかなり朝早い便だから、フェス翌朝寝坊して乗り遅れたら大変!
ということで滞在を伸ばしました。
曜日によって航空運賃がかなり違い、安い日を狙ったら結局7月22日から31日までの大旅行に。

Carlも、BURRN!のインタビューで、きっちりHigh Voltageの話をしていて一安心です。
あとは出演メンバー皆様の健康と、アイスランドの火山のご機嫌次第。
皆様の健康(特にGreg)と道中の無事を富士山五合目の小御岳神社に祈願してきました。

フェス以外の日にどこに訪れるか目下検討中。

☆EL&Pがらみ
・Manticore跡地   ハテ、どこにあるのやら?
・Keith Emerson生家 無理だってば!(^^;)
・Royal Albert Hall ここなら大丈夫

☆その他プログレがらみ
・バタシー発電所 Pink Floyd『Animals』ジャケの4本煙突。たぶん旦那がNGだ(T_T)
・Waterloo    ♪I take my car. Towards the Thames And Waterloo♪
・ワイト島    何か記念になるものはあるのかな?

☆YMOがらみ
・Hammersmith Odeon 今は名前変わっちゃってHMVハマースミス・アポロ
・Venue London   ライブアルバム『公的抑圧』収録地のひとつ

☆車がらみ
・Lotus工場見学    ちょっと不便なところにあるので今回は無理かも。おまけにカメラNG
・Top Gear 公開録画  申し込んだけど当たるかな?
・Silverstone Circuit 不便そう。別にF1やってるわけでもないからいいや。
・自動車博物館  各地に点在。しかし展示車両が私の大好きなスーパーカーより
更に遡ることウン十年って車が多いので、無理して行くこともないか。

☆観光地
・カンタベリー  カンタベリーミュージック発祥の地。
・ストーンヘンジ 結構遠巻きに見なきゃいけないので、どうしようかな?
・エーヴベリーの環状列石 こちらは石に触れられる。
・グラストンベリー・トウ 日没・月夜・日の出の写真撮りたいっ!
・セント・マイケルズ・マウント イギリス版モンサンミッシェル。片道ロンドンから電車で5時間以上だから無理かな?
・サーンアバスの巨人 ナスカの地上絵みたいな巨人。ちょっと恥ずかしいデザインがナイス。
             しかし日本語での行き方記載サイトがさっぱり見つからない。

☆水曜どうでしょうがらみ
・ハートフィールド ミスターがプーさん風船ゲットしたプーコーナー、小枝落しをしたプーブリッジがあるところ。
          プーさんの中の人にはお世話になったけど超不便だからパス!

・どこか立派なところでアフタヌーンティー
・CathKidston
・本屋さん
・CDショップ
・ゲーセン
・スーパー
・ドラッグストア

etc
スポンサーサイト

テーマ:イギリス旅行 - ジャンル:旅行

Travel | コメント:0 | トラックバック:0 |

上海的日全食旅行記 9

道中こんなものを発見!
DSC05154_R.jpg何でこんなところに凱旋門が?

お世話になった親子さんたちやツアーの人たちと同じテーブルでお食事。
ツアーに組み込まれてたんですけどね、もう芸術的にマズいの(^_^;)
090722_125410cut_R.jpgあははのは。

やっぱり水のせいなんでしょうね。
みんなお腹空いてたから最初は勢いよく食べてたんですが
だんだん箸がのびなくなり、新しい料理が来ると誰かの毒味を待ってる状態に。
ご主人、今までのお食事がみんなハズレだったから今度こそはと思ってたそうで。
結局ハズレ食事記録がのびちゃいましたね。

3人とはバスが違ったので、ここでお別れ。
本当にお世話になりました。メアド交換しなかったのが悔やまれます。

嘉興で見つけた信号。

なんか「はよ渡らんか、ごら~!」ってせかされてるみたい。
おまけに赤信号は切れちゃってるし。
上海市内では普通に日本みたいな信号でしたよ。

道路は水はけが悪くてすごいことに。
そんな中でも3人乗り。逞し~。
(隠れちゃってますが、先頭に男の子が乗ってます。)
でもねお母さん、娘さんにそんな服着せちゃいけませんよ。
CIMG4556_R.jpgSEXってあーた!?(^^;)

バスの運転手さんが信号待ちの時、
急にバスから降りてタクシーの運転手さんに道を聞きに。無視されちゃってかわいそう。
途中何度もUターン、道尋ねを繰り返すもなかなか高速に乗れません。
万博工事のため看板が撤去されてるってガイドさんが言ってました。
やっと乗れた!

CIMG4572_R.jpg
高速なのに、何でこんな障害物競走みたいな道?
ついたてはコンクリで出来てます。

人はいるし。分岐点にはヒッチハイカーが何人もいました。
CIMG4575_R.jpg

上海名物渋滞に巻き込まれながら、
CIMG4590_R.jpg
なんとか集合場所のホテルに帰還。

ツアー集合場所から銀波大酒店への帰りのタクシーも行きと同じ24元。
行きの運転手さんはボったのでも何でもなく、
工事が多いから迂回しなきゃいけないだけだったんですね。疑ってごめんなさい。
帰りはカーナビ完備のすごくジェントルなタクシーでした。

銀波大酒店には17時に到着。あまりの疲れに風呂も夕飯も、
自分でなんとなく予定していた外灘夜景撮影もパスして
ポケモンを見ながら寝ちゃいました。
paopei_R.jpg

起きたのは翌日の5時(^_^;)

テーマ:海外、国内、一人旅 - ジャンル:旅行

Travel | コメント:5 | トラックバック:0 |

上海的日全食旅行記 4

とうとう2時間くらいしか眠れずに朝を迎えました。

前日にタクシーの予約をしようと思って、ガイドさんにお願いし
ホテルのフロントに話をつけてもらおうとしたのですが
現在銀波大酒店の前の道路が工事中で、タクシーが入ってこないため
銀波大酒店の近くの大通りに面している高級ホテル「上海大厦 」に行って、そこで拾えと
あっけなく言われてしまいました。

夜の明けてない薄暗い中、4:32a.m.
重い荷物を担ぎ、どきどきしながら上海大厦に向かうと
ホテルの前に一台タクシーが止まっていて、ドライバーさんが爆睡してました。
起こすのは申し訳なかったのですが、集合時間が迫っていたので窓ガラスをノック。
すると、パッと起きてくれて私が書いた行き先の紙を見てくれました。
おもむろに車から降りると、遠くから来た別のタクシーを呼びつけます。
そして私が書いた紙をそのドライバーさんに渡すと
「さあお乗りください。」のゼスチャー。お礼を言って、乗り込みました。

目的地の上海錦江飯店までは直線距離では4.2キロのはずが
なかなか到着しません。もしかしてボるために遠回りされたか?
間に合うのか?緊張しっぱなし。
ひょっとして迷っているのかと思いガイドブックを見せたら
読みにくかったのか、がっちり折り目をつけられ(わ~ん、きれいに読んでたのに)
そうこうしているうちに、無事に到着しました。24元也。

集合場所の錦江飯店のフロントはツアー客ですさまじいごった返し方。

5:00集合5:15出発のはずが
なぜか私を含め数人だけが5:30出発に変更。
みんなバスに乗り込んでいるのに、待たされます。
結局錦江飯店を出たのは5:45。
あんなに焦って来なくてもよかったのね。

やっと乗り込んだバスの行き先は嘉興の学校。
あれれれれ?確か申込受付書にはホテルって書いてありましたよ?
まあ、中国国内の旅行ではトラブルがつき物だって聞いてたし
広い観測用の敷地に空調の効いた休憩室とお手洗いとコンビニが完備されてるなら
別に文句はありません。

夜が明けた曇り空の中、バスは発車しました。

テーマ:日食・月食 - ジャンル:写真

Travel | コメント:4 | トラックバック:0 |

上海的日全食旅行記 3

今回の宿は、銀波大酒店


090724_075253_R.jpg

お部屋はこちら
090724_075028_R.jpg

ブログなどで泊まった人の話を読むと悲惨な話が多いので全く期待していなかったのですが
最悪を覚悟していたおかげで、八分九厘快適に過ごせました。
DSC05032_R.jpg
一人でツイン使用

DSC05035_R.jpg
広々♪

DSC05036_R.jpg
いっちょまえにミニバーもありました。

気になったのはお部屋のにおい。
なんか変わったにおいなんですよね。なんともいえない。
くさい、とまでは言い切れませんが決していいにおいではない。
断食ダイエットをして以来、嗅覚が鋭くなってしまったので気になったのか…。

あとアウトなのはお水関係。
完全に泥のにおいがするんです。
口にすると、子供のころ間違って口に入れちゃった泥団子の味がします。
ホテルのせいなのか、上海全体がそうなのかはわかりませんが
これはちょっときつかった。
この件に関しては事前に調査済みだったので、
介護用品コーナーで見つけた体拭きを持ってきました。
とても浴槽にお湯を張る気にはなれず、シャワーを浴びた後はこれで全身を拭きました。
顔には、精製水と保湿成分を含ませてあるコットンをドラッグストアでゲットし、使いました。
滞在中お湯が出たのは一日だけ。あとは水シャワーでした。
フロントにクレームを言うのがめんどくさかったし、夏の暑い日だから
そのまま使いました。

冷蔵庫がないって聞いていたのですが、バッチリありまして
コンビニで買った飲み物はいつもキンキンに冷やせました。
冷蔵庫はテレビの下の扉に隠されるようにあったので
もしかして気づかない方もいたのかな?

ホテルに隣接するコンビニの無愛想ぶりも事前にチェック済みだったので
本当に絵に描いたような無愛想だったのがおかしくて思わず笑いそうになりました。


テレビは60チャンネルもあるのですが、日本のテレビは映りません。
NHKくらい映してくれてもいいのにね。韓国では見られたよ。
60もあるからウェザーチャンネルみたいなのがあると思ったのに
どこを探しても天気予報をやってません。

今回は自分のソフトバンク3Gがあるので、家族との連絡に不自由はしません。
旦那にメールして嘉興市の天気予報を調べてもらいました。
雷雨降水確率80%!あぎゃあっ(>_<)

ボーグを部屋に残してカメラだけの身軽で行くか
わずかな可能性にかけてフル装備で行くかしばらく悩みましたが、
せっかくここまできたのでフル装備を荷造りし、寝床に入りました。

しかし、不安と興奮と上海万博準備の夜なべ工事の騒音でなかなか寝付けません。

テーマ:日食・月食 - ジャンル:写真

Travel | コメント:0 | トラックバック:0 |

上海的日全食旅行記 2

子供のころは何が何でも絶対窓際♪でしたが
大人になると、特に一人旅は絶対通路側がありがたいです。

お隣さんは、お顔は外人さんですが、話す言葉はバリバリ日本語の元気な男の子と
元気な日本人女の子のカップルでした。
話を聞いていると、やはりどうやら皆既日食を観にいくよう。
楽しそうでいいなあ。

たった3時間のフライトなのだから機内食はなくてもいいような気がしますが
出るものは喜んでいただきます。

CIMG4534_R.jpg → CIMG4535_R.jpg
奥の包みは鳥のから揚げ、手前の袋はジャージャー麺の具、麺にかけて食べます。
手前右側はちょっぴりピリ辛のエビマヨ。
北海道カスタードプリンのデザート。全体に美味でした。

プリン手前のおつまみスナックは、これから先飢えをしのぐ上での重要なアイテムになるので
大事にポシェットにしまいました。

定刻通り、上海浦東空港到着。
以前タイに行ったとき、ツアーの集合時間を気にして
空港で両替をしそこない、ひどい目にあったので
入国審査手前のATMで新生銀行の預金を
円ではなく元で下ろしました。
でも使い方がよくわからず、たった100元しか手に出来ませんでした。

あせってそんなことしなくても
入国審査を出てすぐのところに対人窓口でなく機械の両替所があり
そこで3千円を元に両替しました。
この機械、日本語操作もチョイスできるのですが
微妙に文法が間違っていて面白~い。

今回、チョコチョコ両替したもんだから、手数料はかなり損しちゃいました(T_T)

入国審査を出てすぐ左のところが検疫関係の所らしく
明らかに日本から来た男性が、白衣を着た大勢の係員に囲まれて
色々聞かれていました。彼は無事中国に入国できたのでしょうか。

ツアー名を書いたガイドさんを見つけ、無事集合。
DSC05021_R.jpg
空港建物は出来たばかりできれいでした。

DSC05025_R.jpg
夜のパッと見だと日本の高速とあまり変わりません。

現地のガイドさんが、上海の概要について話してくれます。
ガイドブックなどには、上海蟹は養殖できるようになったから
いつでも食べられるって書いてありましたが
ガイドさんは、「今食べちゃだめ、まずいよ。」って。

ここでガイドさんからショッキングなお知らせが!
ネット上でまことしやかに、
北京オリンピックで使用した人工降雨ロケットが
今回の日食にも使用されるといううわさが流れていたのですが
それはないそうです。がっかり。
ガイドさん、明日は雨ですって断言しちゃうし

DSC05028_R.jpg
無情にも雨にぬれる南浦大橋…。

テーマ:日食・月食 - ジャンル:写真

Travel | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。