余裕のダイエッター、美味しいものを少しだけ♪ Almost Daily Miyupika

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

上海的日全食旅行記 8

慌ててかばんをあさり、コンデジの動画モードで撮影。
今度は写真とは逆に、だんだん明るくなります。

普通に見てると6分以上もありますので、早回しして見て下さい。

皆既になったとたんに、なぜかカエルがゲコゲコゲコゲコゲコゲコゲコゲコ。
鳥が慌てて巣に帰るとか、なんかかっこいい神秘的な出来事を期待してたので
カエルの大合唱には拍子抜けです^^;

何て意地の悪い天気。皆既の時間が終わってしばらくすると雨が上がり薄曇りになるなんて。
DSC05095_R.jpg11:13
興奮しているから雨でレンズが汚れてたのがわかりません。
とりあえず部分日食はゲットだぜ!!

その間お嬢さんが
♪てるてるぼーずてるぼーず 今日天気にしておくれ♪
と、なんともゴロは悪いけどすてきな歌をずっと歌い続けてくれました。
おかげで部分日食は随分撮れました。
DSC05109_R.jpg11:14

雲が厚いのでフィルターの必要なし。
DSC05118_R.jpg11:15

この写真、あとで同僚に見せて貰った、
会社から撮影したものとほとんど同じだったからショック(T_T)
DSC05133_R.jpg11:16

これで部分日食の写真は終わっているので、
きっとこの後は曇りっぱなしだったのでしょう。
DSC05142_R.jpg

奥様が「お一人だと写真がないでしょう?」といって、
ご主人に写真を撮ってあげるよう言ってくれました。
確かに一人旅だと自分の写真はまず残らないのですが、
最近は全然真面目にダイエットしてないから残らなくても良いんですよぉ~(^_^;)
でも、せっかくのご好意なんで撮っていただきました。

さて、思い残すことは色々ございますが、これで完全に店じまい。
あとはお食事先に向かいます。

途中、バケツをひっくり返したような大雨と雷。
結局上海市内に戻るまで雨足が弱まることはほとんどありませんでした。
スポンサーサイト

テーマ:日食・月食 - ジャンル:写真

Photo | コメント:0 | トラックバック:0 |

上海的日全食旅行記 7

もう投げやりな気持ちで校舎から外を眺めていたのですが、
雨が降ろうと槍が降ろうと、なんてったってここは皆既帯!
お楽しみはまだ残っていたのです。
DSC05070_R.jpg10:31
DSC05071_R.jpg10:32
DSC05072_R.jpg
DSC05073_R.jpg
DSC05074_R.jpg10:33
DSC05075_R.jpg
みるみる暗くなる空。

DSC05076_R.jpg10:34
DSC05077_R.jpg
DSC05079_R.jpg10:35
DSC05080_R.jpg
DSC05082_R.jpg
DSC05084_R.jpg10:36

しまいにはカメラの操作系も全く見えなくなります。

しまった!動画のほうがよかったっ!!

テーマ:日食・月食 - ジャンル:写真

Photo | コメント:0 | トラックバック:0 |

上海的日全食旅行記 6

明らかに私と同じような撮影目的風の男性二人と
「場所はいいけどTシャツ欲しかったですよね~。」なんて言っていたら
観測ではなく、会場がホテルだからということで物見遊山的に気軽に参加したという人が
主催者にきちんとクレームをつけてくれて、
Tシャツの件は単にガイドさんに連絡が行ってなかっただけとわかりました。
配布された袋にはきちんと私の名前が書いてありました。
よかったよかった。

校庭には、赤道義などをもうばっちりスタンバってる人もいます。
車から降りたときには小雨だったのでどうセッティングしようか悩んでいると
急に薄日が射して会場全体に拍手と歓声が巻き起こりました。
DSC05053_R.jpg

やっぱり私は晴れ女か?もう、うれし涙で慌ててボーグをセッティング。
興奮してるせいで梱包材も何もかもグッチャグチャ。
どうにかスタンバイ OK!ほっとしていると
隣にあるパラソルの中にいらした奥様が
「雨降ってきたら、望遠鏡とかこちらに入れて下さいね」と声をかけてくれました。
こんな不安定なお天気にとてもありがたいお申し出♪
うれしいけど、なぜかしら?と思ったら
ご主人がものすごい機材!
水曜どうでしょうコスタリカ編で大泉さんが野鳥撮影用に使ってたバズーカのようなレンズ!
バズーカ_Rずどーん♪

だから私の気持ちも理解して下さったんですね。
本当に助かりました。
その直後無惨にも雨が降り出したからです(号泣)
DSC05062_R.jpg
ぬか喜びさせやがってぇえええええ~!
私の涙を返せええええええっ


お二人のお嬢さんと一緒に
しばらくパラソルに入れていただいて頑張ってましたが、
とうとう観念して校舎に撤収することに。
なりふり構わず片付けしたもので、機材は無事でしたが背中はびしょびしょ。
途中からご主人が傘を差し掛けてくれました。
何から何まで、本当に恐縮です。

テーマ:日食・月食 - ジャンル:写真

Photo | コメント:0 | トラックバック:0 |

上海的日全食旅行記 5

天気がドヨヨンなのと、バスの乗客の約半分が
最初の予定と違うところに連れて行かれるため
車内はなんとなく活気がありません。
おまけに皆既日食Tシャツがないとのこと。しょぼん(´・ω・`)

気を取り直して車窓をエンジョイ。
今上海は、2010年5月1日からの上海万博の準備でおおわらわ!
どこもかしこも笑っちゃうくらい工事だらけです。
素人ながら、間に合うのか?とか鉄筋足りてる?とか疲れてない?とか
心配しちゃいます。

潤沢な在庫のショベルカー!
CIMG4546_R.jpg
急な注文にも即対応?

途中給油タイム。日本の旅行ではなかなかないイベント。
CIMG4547_R.jpg
柴犬の油みたい^^;

サービスエリアでお手洗い休憩になりましたが誰も降りません。
どんなお手洗いか想像もつかないので私もバスに残りました。
CIMG4549_R.jpg
スピード出すな!家族の幸福のために飲酒運転は絶対だめ!!とでも書いてあるのかな?

CIMG4550_R.jpg
トレーラーのせいで半分隠れちゃってますが、
交通事故でグシャグシャになった車がそのまま展示してあり
事故の状況が詳しく解説されています。
読めたらなあ~。

すると、バスにドヤドヤとおまわりさんが乗り込んできました。
運転手さんと話しています。
語気だけから判断すると、なにかもめているよう。
かなり長時間もめたあと、運転手さんがおまわりさんに連れ去られたー!(>_<)

警察の詰め所みたいなところで色々やり取りしています。
10分ほどしてようやっと戻ってきて、何事もなく出発。
ガイドさんも説明してくれないし、いったい何があったんでしょう?
目的地にたどり着けないかと思うと、ひやひやしました。
体に悪いわ(-_-)

道路は雨に濡れてたり乾いてたり。
窓ガラスに雨が当たったりやんだり。
そのたびに一喜一憂してました。

途中道を間違ってUターンしたりしてましたが
何とか無事に観測会場の北京師范大学南湖附属学校に到着。

DSC05049_R.jpg
ここはかなりゴージャスな学校。
ガイドさんに「お坊ちゃん嬢ちゃんの学校?」と聞くと
「貴族の学校」って!
近代中国に貴族制度あったんかいな(^_^;)

テーマ:日食・月食 - ジャンル:写真

Photo | コメント:0 | トラックバック:0 |

上海的日全食旅行記 1

現地からの情報等でほぼ絶望的とは知りながらも
一縷の望みを持ち出かけました。

Velbon三脚バッグにSLIKを入れ、リュックのように背負い
TUMIのポシェット斜めがけ、eccoのプレミアでもらったでかいバッグを肩からかけ
機内持込み可サイズスーツケースを引きずります。
完全にかばんはチョイスミス。
スーツケースは機内持ち込みしないので、もう一つ大きいサイズを買えばよかった。

余裕を持ちすぎて空港で時間を2時間ももてあましました。
チェックインと荷物預かりを済ましたあとにターミナルビルで遊んでいればよかったものの
とっとと税関手続きと出国審査を済ませてしまったので
搭乗口近くのちょっとしたお店にしか寄れませんでした。

※化粧品などの少量の液体は、
それだけをジップロックなどの透明で密封できる袋に入れて
出国審査のときにパッと出せないといけません。
化粧ポーチの中身を見せるだけではだめでした。
係りの人からジップロックもらっちゃった^^;
でも、中国からの出国のときはスルーでした。

DSC05016_R.jpg

辺りを見回しても、それらしい人はいません。
ボーっと飛行機と、その周りで働く人たちを眺めておりました。

090721_161237_R.jpg

DSC05015_R.jpg → 逃げピクト_R
こんなところにピクトさんがいました。垂直尾翼って中が空洞で出入りできるのかしら?

DSC05018_R.jpg  DSC05019_R.jpg
撮りそびれましたが、もっと大勢の人が働いています。

DSC05020_R.jpgでかっ!!!

テーマ:日食・月食 - ジャンル:写真

Photo | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。